投資の仕方

株式などのリスク商品の投資の仕方としては、まず集中型と分散型の2つに分けることができます。集中型においては、個別の特定銘柄の数社だけに投資を行っていきます。この特定銘柄は多くの企業を調べた結果として、将来が有望な企業だけに絞って選ぶことが大事となっています。そのようにして銘柄を厳しく選んだことで、将来のリターンを通常よりも高まる可能性が出てきます。一方、分散型では個別株式でも多くの銘柄に投資をするようにしていきます。分散型の銘柄は業種ごとに分散をして数社を選ぶようにし、全体のポートフォリオのバランスを整えるようにしていきます。また、分散型においては株式だけの投資に限らずに債券や不動産、商品の投資信託も同時に購入する方法もあります。分散型においては多くの種類の金融商品に分散投資を行うことによって、将来のリターンの安定性を高める狙いがあります。次に投資の仕方としては、期間別に短期と中期、長期の3つに分けることができます。短期においては数時間程度のデイトレードから、数日程度のスイングトレードまでが存在しています。しかし、このような短期の売買は、一般的には高い技術がないと難しいと言われています。また、中期の売買では数週間から数カ月程度のトレードとなってきます。このような中期の売買は、チャート上の波動のうねりを狙う時には有効的となることが多いです。最後に長期の売買では1年から10年といった長い期間の売買となってきます。長期の売買では一旦購入する企業を決めたら、継続して保有するようにします。以上のように様々な投資の仕方が存在していますが、重要なことは自分のスタイルに合った方法を見つけることだと言えます。